1/4
traverse22ロゴ(表紙).jpg

traverse 22     
特集:「包むもの/取り巻くもの」

  2021.12 | 
interview:



project:



 essay:


studio:
藤江和子
山岸剛
後藤連平
岸和郎×平田晃久, 竹山聖×小見山陽介
​平田研究室
ダニエル研究室
高野・大谷研究室
西山・谷研究室
布野修司, 古阪秀三, 竹山聖, 大崎純, 牧紀男, 
柳沢究, 小見山陽介
大橋和貴, 大山亮, 山井駿, 林浩平

秋田次郎, 清岡鈴, 豊永嵩晴, 大崎・張スタジオ

 目を覚ますと授業開始十分前だった。慌てて朝食を流し込む。パソコンの起動を待つ間、ネットニュースに軽く目を通すと、閉業した地元の百貨店の解体工事が進んでいるらしい。感傷に浸るのも束の間、新調したデスクチェアに深く座りなおす。カメラをオフにしバーチャルの教室に入室する。無音が流れていることに、ほっと肩を撫で下ろす。

 ふと、友人からの珍しい通知が目に入る。文面はなく、連鎖する屋外階段の構造がむき出しになった写真。画面を遡るとひとつ前のチャットには、「夏頃落ち着いたら、建築撮りに行こうね」2020年4月のものだった。 ----

 

 未曾有のパンデミックから早1年。発展するデジタル技術、それに伴う情報化社会への移行は加速の一途を辿っている。生活様式は大きく変容し、身近なものへの認識さえ共有することもままならない。教育現場も変革を余儀なくされ、学びの機会は縮小されている。私たちを包み/取り巻いていた世界/環境はもはやそれ以前と全く変わってしまった。しかし、そもそも私たちは私たち自身を取り巻く環境をほんとうに理解していたのだろうか。

 人間を、社会を、建築を、「包むもの/取り巻くもの」

 当たり前だったものが当たり前ではなくなった今、さまざまな主体と対象を横断/traverseした企画やエッセイを通じて、今一度それらの関係性を見つめ直し、現代を読み解く手がかりを探っていきたい。

​以下の記事を順次公開予定

​次回:先生エッセイ

 RELAY INTERVIEW
藤江和子|家具-そこに座るものがあること
インテリアプランナー     

密になることを良しとされない現在、公共建築における家具の利用が制限されて人と家具あるいは建築の関係性が見直されるタイミングにあるだろう。インタビューを通して、“建築に内包された家具とその利用者、そしてそれらを取り巻く社会“の関係性について家具デザイナーである藤江和子氏の考えを探ろうと試みた。

Coming Soon...

 INTERVIEW
山岸剛現像された都市 そのモノ語りを聴く
建築写真家

「モノ」を通して人工と自然の関係性を読み解く建築写真家 山岸剛氏。

「写真はExpress(表現)じゃない、世界を認識するための行為だ。」そう語る彼の目には何が写っているのだろうか。パンデミックを経て我々を取り巻く都市はどう変わるべきなのか。彼の写真作品を通して、そこに宿る哲学を紐解いていく。

Coming Soon...

後藤連平|今、建築をいかに伝えるか
「アーキテクチャーフォト®」編集長

古くから建築家は自身の作品や思想を発信し、新たな仕事につなげる手段としてメディアを活用した。情報化が進み、建築と社会の関係が移り変わりつつある今、建築活動を発信する目的は何か。氾濫する情報をどのように受け取るべきか。webメディアの一つのあり方として「アーキテクチャーフォト®」を運営する後藤連平氏の取り組みに迫る。

Coming Soon...

京大で設計を学ぶ君たちへ

 

設計を学ぶに際して、我々は時に無自覚にも教育環境に取り巻かれる。また、その教育環境も複層的に社会や時代背景に包まれ変貌していく。今企画では『京都大学の設計教育』に焦点を当て、様々な背景から、京都大学で教鞭を取られている/取られていた建築家の対談を通して紐解いていく。

Coming Soon...

岸和郎×平田晃久|京都で建築と向き合う
建築家・京都芸術大学大学院教授×建築家・京都大学教授
竹山聖×小見山陽介|協奏的な教育を追い求めて
建築家×京都大学大学院講師
 PROJECT

平田研究室

ダニエル研究室

高野・大谷研究室

西山・谷研究室

 ESSAY
students
 STUDIO
秋田次郎|ダニエル研究室
清岡鈴|平田研究室
豊永嵩晴|神吉研究室
中里桂也, 野村祐司, 丸山悠斗|大崎・張研究室
『traverse 新建築学研究』は京都大学建築系教室が編集・発行している機関誌です。17年度より紙媒体での出版を止め、web上で記事を発信していく事となりました。
BACK NUMBER
2018.10 | 112p
19
インタビュー:米沢隆
workshop:
discussion:
project:
 
 
 
essay:
池田剛介, 大庭哲治, 椿昇, 富家大器, 藤井聡,藤本英子
倉方俊輔,高須賀大索,西澤徹夫
竹山研究室「驚きと喜びの場の構想」
平田研究室「建築が顔でみちるとき」
布野修司,竹山聖, 金多隆, 牧紀男, 柳沢究,小見山陽介
18
2017.10 | 112p
インタビュー:五十嵐淳
interview:
project:
essay:
三谷純,奥田信雄,魚谷繁礼,
五十嵐淳
竹山研究室「脱色する空間」
竹山聖,​大崎純, 小椋大輔, 布野修司,古阪秀三, 牧紀男, 
Galyna SHEVTSOVA
17
インタビュー:野又穫
2016.10 | 128p
interview:
project:
essay:
野又穫,松井るみ,石澤宰,柏木由人
​竹山研究室「無何有の郷」
​竹山聖,山岸常人,布野修司,三浦研,牧紀男,古阪秀三,川上聡
16
2015.10 | 96p
インタビュー:石山友美
interview:
project:
essay:
中野達男,石山友美,TERRAIN architects
竹山研究室「コーラス」
​竹山聖,布野修司,大崎純,古阪秀三,牧紀男
特集:アートと空間
2013.10 | 112p
14
interview:
project:
essay:
松井冬子,井村優三,豊田郁美,アタカケンタロウ
竹山研究室「個人美術館の構想」
竹山聖,布野修司,小室舞,中井茂樹
特集:建築を生成するイメージ
2014.10 | 112p
15
ホンマタカシ,八島正年+八島夕子,高橋和志,島越けい子
ダイアグラムによる建築の構想
​竹山聖,布野修司,大崎純,
古阪秀三,平野利樹
interview:
project:
essay:
20
2020.01 | 112p
インタビュー:
   木村吉成&松本尚子
discussion:
 
project:
 
 
 
essay:
​木村吉成&松本尚子, 宮本佳明,伊藤東凌,井上章一
竹山研究室「オブジェ・アイコン・モニュメント」
神吉研究室「Projects of Kanki lab.」
​金多研究室「自分の仕事を好きにならな」
布野修司,竹山聖, 大崎純, 牧紀男, 柳沢究,清山陽平,成原隆訓,石井貴一
takeyamalab.jpg
traverse21.jpg
​満田衛資, 蔭山陽太, 鈴木まもる×大崎純
学生座談会
小椋・伊庭研究室
小林・落合研究室
平田研究室
三浦研究室
​井関武彦, 布野修司, 竹山聖, 古阪秀三, 牧紀男, 柳沢究,  小見山陽介, 石井一貴, 菱田吾朗, 岩見歩昂, 北垣直輝
interview:
 
project:
 
 


 essay:
インタビュー:満田衛資
2020.11 | 
21