top of page

 

【鼎談】 渡鳥ジョニー×市橋正太郎×柳沢究

        

 定住するノマド、揺れる境界

司会=宇野亜実、高橋温、野村祐司、若松晃平
2022.9.19 京都大学桂キャンパスにて

永田町で都市型バンライフを実践する渡鳥ジョニー氏、アドレスホッピングを提唱し自らも実践する市橋正太郎氏、彼らは非定住の暮らしを実践するノマドでありながら環境づくりにも積極的に取り組んでいる。これまで、ノマドという言葉は主に「現代の遊牧民」と訳され、定住生活と対置されてきた。しかし、そもそも定住と非定住の境界は曖昧なものなのではないだろうか。私たちのほとんどはライフステージに合わせて引っ越しをし、旅行にもいく。技術の進歩や社会の変化は私たちの暮らしや価値観までも変化させており、人間生活が本来含んでいる移動的要素を再考すべきではないか。今回、実際にノマドとして生活している御二方に加え、住経験の研究者で建築家でもある柳沢究准教授を交えて「定住と非定住の境界」というテーマで鼎談を行った。

写真見出し

 

  バンライフと場づくり

ーーはじめにそれぞれが力を入れているプロジェクトを具体的にお聞きしていければと思います。渡鳥ジョニーさんから自身の活動の紹介をお願いします。

渡鳥 僕は家を捨て自作のキャンピングカーで暮らす、いわゆるバンライフという生活をしていました。2014年のフォスターハンティントンという方の『HOME IS WHERE YOU PARK IT』【【①】】という写真集には大きく影響を受けました。この書籍がきっかけで海外の若者がバンライフをまねしだしたんですけど、その様子がSNSにあがってきて僕も見るようになりました。当時は札幌に住まいがあり家族との生活も落ち着いていたのですが、突然離婚することになり10年ぶりくらいに東京に戻ってきたのです。そうしたら相変わらず、満員電車の辛さとか、狭い住宅環境だとか、リビングコストの高さなど、人を幸せにするはずの住まいが逆にそれを阻んでいるように感じた一方、シェアハウスやコワーキングスペースなどシェアリングエコノミーが出始めてきていて、今だったらどのような都市の使い方ができるかを考えました。必要最小限のプライベート空間である車と都市全体をシェア空間と見立てて東京をハックすれば豊かに暮らせるんじゃないかという仮説の元に、永田町の一等地でホームレス、いや、都市型バンライフを始めました。車中泊のしんどいイメージではなく、ミニマムな動く小屋を目指していたので、いかに3畳の空間を住宅に近づけるかを徹底的に考え抜きました。具体的には、立って歩けるほどの高さにし、ベッドや机を収納式にするなどスペースを有効活用しました。とはいえ24時間車の中にいるのは流石に苦痛なので、日中はオフィスで仕事をし、お風呂は近くのジムに通い、寝る時だけ車に戻るという生活を始めました。僕の生活を一言で表すと「VLDK」です。「VLDK」は「バン+LDK」を意味し、住居スペースである車を駐車場に止め、トイレやシャワー、家電はシェアされているものを利用して生活します。1LDKや2LDKを借りなくても、VLDKで豊かに暮らせることがわかりました。​

​画像(適宜いれてください)

渡鳥 そして神戸、横浜、長野などいろんな場所でVLDK生活を実践し、その良さについて確信を得ることができたのですが、車を停められるシェア施設が少ないと感じていたので、次は車両だけでなくそれを囲う場づくりもやりたいと思っていました。その時にその両方が実現できそうな八ヶ岳(LivingAnywhere Commons1))のプロジェクトから声がかかり、場づくりの実験を始めました。

今進めているのが、オフグリッド2)の製品開発です。電線も水道も繋がっていない環境で、文化的な生活ができるかという実証実験をやっています。最終的なゴールはインフラがないような荒野でもエネルギーに困らずに生活ができるようなオフグリッド居住パッケージの開発です。
 

​画像(適宜いれてください)

柳沢 最初バンライフは移動と不可分なものなのかと思っていました。しかし今の話を聞いてると、元々は最も合理的な生活空間を求めて家を作ろうとしていたところでなぜか車になって、移動するオプションがついてきたように聞こえて、なるほどなと。そしてそれが現在の都市の成熟したインフラにちゃんと乗っかっていて、非常に鮮やかだなと思いました。そしてそこからさらに、そのインフラからも抜け出そうという、オフグリッドにチャレンジされているというのは、非常に納得できる道筋だと思って聞いてました。単純な質問なんですけど、どれくらいの頻度で移動されているんですか。

渡鳥 実のところ僕は移動するのが嫌いなんですよ(笑)。金銭的にも時間的にもコストがかかるのでなるべく移動は最小限にして、1回移動したら1か月から半年ぐらい同じ場所に留まり、そこを拠点に小旅行に行くスタイルでやっています。

柳沢 思ったより移動してないですね。

渡鳥 そうですね。毎日移動してた時期もあるんですけど、すごく疲れてしまいました。それに気に入った場所を見つけたらそこにしばらく定着したいという気持ちもありますね。
 

1)株式会社LIFULLが2019年7月よりサービスを開始した、自宅やオフィス等、場所に縛られないライフスタイル「LivingAnywhere」を実践することを目的としたコミュニティ。コミュニティメンバーになることで、複数拠点に展開するLACを「共有して所有」し、全国の拠点を好きな時に利用することができる。
2)電力、ガス、水道など生活に必要なライフラインの一つ、または、それ以上を公共のインフラストラクチャーに依存せず、独立して確保できるよう設計された建物の特徴やその生活様式。

 

  アドレスホッピングー様々な地域での暮らしと仕事ー

ーー続いて市橋さんのプロジェクトの紹介をお願いします。

市橋 僕は自分の生活を「アドレスホッピング」と呼んでます。ノマドも似た意味を指しますが、僕が活動を始めた時、日本の社会ではノマドってスターバックスでPCをカタカタ叩いているような、働き方の言葉として使われていました。でも僕は、場所、家、あるいは所有などの概念から離れたときに、様々な地域の暮らしや面白さ、いろいろな人や文化との出会いがあるという面を伝えたかったんです。そこで半年ぐらい考えて「アドレスホッピング」という呼び方にしました。

 

アドレスホッパーとして自分の活動を発信し続けていたら、現在の状況に不満を抱えた仲間が集まってきました。それは移動生活や家に住まない生活、あるいはシェアリングエコノミー3)の中での生活など、自分なりに社会実験をしてるつもりだけど、社会からは変な人として扱われた人たちでした。そうしてアドレスホッパーのコミュニティができ、さらには皆でいろいろな地方を巡る中で、よりたくさんの仲間もできました。これらが活動から最初の2年間のハイライトですね。

 

最初に手掛けた仕事が『Hopping Magazine』【②】です。当時、スタートアップ企業や大手不動産系の会社が新しい居住サービスをつくる動きがありました。そのなかで、僕がやるなら物理的なインフラじゃなくて、文化的なインフラをつくるべきなんじゃないかなと思って、『Hopping Magazine』という雑誌を作り、アドレスホッパーの文化を明示していく活動をしていました。

 

そうした活動のなかで出会いやきっかけがあって、様々なことをここ4年間でしました。一つは、アフリカのマサイ族の村に2週間ホームステイした時のことです。そこで暮らして驚いたのが、サバンナのど真ん中に4GLTEの電波が飛んでいて、皆スマホでYoutubeを見ながら踊っているのに、上下水道の設備インフラが整備されていなかったんです。その時にたまたま出会ったのがWOTA【③】という会社です。この会社では、水をどこでも誰でも使えるようにする移動型の水道インフラを作っています。この水インフラでは、使用した水を循環させることで、ほぼ99%の水を再利用できる仕組みになっており、はじめに20リットルほどの水さえあれば、ずっと使い続けられるんです。これがアフリカの村にあれば長期間でも問題なく暮らすことができるのではないかと思い、2年ほどお手伝いをしてました。

もう一つ、KDDI総合研究所と一緒に『FUTURE GATEWAY』【④】という枠組みを運営しています。ジョニーさんにも以前『FUTURE GATEWAY』のワークショップに参加してもらったんですが、新しい暮らしや生活を先取りして実験してるような人たちを先進生活者と呼んで、そういう人たちと一緒に未来のライフスタイルを実験しています。例えば、移動式サウナとか未来のゴミ捨て場とか、そういうものをつくっています。

市橋 今は活動を始めて4年半になりますが、その後半では新型コロナウイルス流行の影響でなかなか移動生活ができない時期がありました。そんな時に妻と出会い結婚もして大きく生活スタイルが変わりました。それまでは自分一人だったので積極的に移動してたんですけど、コロナ禍で海外に出にくくなり、かつ結婚もしたので、移動頻度を減らしてできるだけ一箇所に中期、長期滞在する生活スタイルに切り替える必要性を感じ、そういった生活を現在まで2年ほど送っています。今は友人がアフリカに半年間行くというので、京都の浄土寺の近くにある家を貸してもらって4ヶ月ぐらい住んでいます。すごく居心地が良くて、ある程度子どもが落ち着くまでは住もうかなと考えています。

 

柳沢 最初のアドレスホッピングを始めた頃は相当な頻度で移動して回っていたのでしょうか。移動生活のイメージがあまり想像できていないので、例えば、ある1年間ではどういう動きをどれくらいの期間でされていたのか教えていただけますか。

 

市橋 例えば2020年は1ヶ月に平均して4〜8都市を巡っていました。例えば北海道の美幌町に行った時は、1日目は移動に充て、2日目は仕事して、3日目、4日目はそこでつながった地域の人と、現地の農家や居酒屋といったローカルな場所を巡ったりしましたね。5日目にそこを出発して岐阜の郡上八幡まで行って、夜通し盆踊りを踊りました(笑)。そこには1週間ぐらい滞在して、次は美味しいものを食べたかったのでバルセロナへ行きました。そしてパエリアとかチョコチュロスを食べた後に、せっかくバルセロナ行ったんだからアフリカも寄ってから帰りたいなと思ってナイロビに寄って、といった感じです。
 

柳沢 めちゃくちゃ移動してますね。

 

市橋 めちゃくちゃしてました(笑)。

 

柳沢 例えば1週間の中で仕事してる日と、観光する日があると思うのですが、この2つは週にどのくらいあったんですか。

 

市橋 場所によりますが、半々ぐらいです。大体午前にまとめてミーティング入れておいて、空いた時間で散策したり、地元のごはん屋さんに行ったりしてました。でもあまり観光という観光はしないんですよ。行った土地にはそこに住んでる感覚でいたいので、地元の人が行っている店とかに行って、隣で出会ったおっちゃんと乾杯して二軒目に行ったりしてましたね。なのでその土地で自由に過ごす時間はあったんですけど、観光したという記憶はないですね。

 

柳沢 延々とワーケーションが続いてるみたいですね。

 

市橋 今風に言うとそうかもしれないです。

 

柳沢 移動生活の中では基本リモートでの仕事が多いと思うのですが、具体的にはどういう仕事を受けられるんですか。

 

市橋 活動を始める前まではマーケティングや新規事業の立ち上げをやっていたので、その経験を生かしたいわゆるコンサルティングの仕事が多いですね。それを完全にリモートでやってます。先ほどの『FUTURE GATEWAY』もKDDI総合研究所からそういう枠組みをつくりたいけど、どうやってつくったらいいかわからないと相談を受けたのでそのつくり方のサポートをしていました。

 

柳沢 クライアントは日本の会社が多いと思うのですが、日本の会社の企業戦略をアフリカで考えていたら、その内容にも変化が出てきそうですね。私は建築物の設計も時々するんですけど、日本の家を海外に滞在しながら設計していたら、絶対その場所からの影響が設計の内容に反映するのではと思います。各地を移動しながら仕事をしていると、自分の仕事の幅や内容にもポジティブな効果がありそうだなと思いました。


市橋 それは大いにありますね。今もそれを感じていて、京都に住み始めてからお金のために働くっていうのができなくなってしまったんです。京都には親の介護をきっかけにプチ定住を始めたんですが、仕事を一旦整理したこともあって、稼ぐための仕事じゃなくて自己表現のための仕事や、社会や地域のための仕事しかやらないって決めたら、どういう風になるんだろうなって今は考えてます。妻には迷惑をかけるかもしれませんが(笑)。

『traverse 新建築学研究』は京都大学建築系教室が編集・発行している機関誌です。17年度より紙媒体での出版を止め、web上で記事を発信していく事となりました。
BACK NUMBER
18
2017.10 
インタビュー:五十嵐淳
interview:
project:
essay:
三谷純,奥田信雄,魚谷繁礼,
五十嵐淳
竹山研究室「脱色する空間」
竹山聖,​大崎純, 小椋大輔, 布野修司,古阪秀三, 牧紀男, 
Galyna SHEVTSOVA
17
インタビュー:野又穫
2016.10 
interview:
project:
essay:
野又穫,松井るみ,石澤宰,柏木由人
​竹山研究室「無何有の郷」
​竹山聖,山岸常人,布野修司,三浦研,牧紀男,古阪秀三,川上聡
16
2016.1
interview:
project:
essay:
中野達男,石山友美,TERRAIN architects
竹山研究室「コーラス」
​竹山聖,布野修司,大崎純,古阪秀三,牧紀男
特集:アートと空間
2014.1
14
interview:
project:
essay:
松井冬子,井村優三,豊田郁美,アタカケンタロウ
竹山研究室「個人美術館の構想」
竹山聖,布野修司,小室舞,中井茂樹
特集:建築を生成するイメージ
2015.1
15
ホンマタカシ,八島正年+八島夕子,高橋和志,島越けい子
ダイアグラムによる建築の構想
​竹山聖,布野修司,大崎純,
古阪秀三,平野利樹
interview:
project:
essay:
20
2020.01 
takeyamalab.jpg
Traverse.jpg
​満田衛資, 蔭山陽太, 鈴木まもる×大崎純
学生座談会
小椋・伊庭研究室
小林・落合研究室
平田研究室
三浦研究室
​井関武彦, 布野修司, 竹山聖, 古阪秀三, 牧紀男, 柳沢究,  小見山陽介, 石井一貴, 菱田吾朗, 岩見歩昂, 北垣直輝
interview:
 
project:
 
 


 essay:
インタビュー:満田衛資
2020.11 | 
21
ABOUT
インタビュー:
   木村吉成&松本尚子
discussion:
 
project:
 
 
 
essay:
​木村吉成&松本尚子, 宮本佳明,伊藤東凌,井上章一
竹山研究室「オブジェ・アイコン・モニュメント」
神吉研究室「Projects of Kanki lab.」
​金多研究室「自分の仕事を好きにならな」
布野修司,竹山聖, 大崎純, 牧紀男, 柳沢究,清山陽平,成原隆訓,石井貴一
2018.10 
19
インタビュー:米沢隆
workshop:
discussion:
project:
 
 
 
essay:
池田剛介, 大庭哲治, 椿昇, 富家大器, 藤井聡,藤本英子
倉方俊輔,高須賀大索,西澤徹夫
竹山研究室「驚きと喜びの場の構想」
平田研究室「建築が顔でみちるとき」
布野修司,竹山聖, 金多隆, 牧紀男, 柳沢究,小見山陽介
22
2021.11 | 
インタビュー:藤江和子
interview:
 

project:
 
 

 essay:
山岸剛,後藤連平,
岸和郎×平田晃久,
竹山聖×小見山陽介
​平田研究室
ダニエル研究室
高野・大谷研究室
西山・谷研究室
布野修司, 古阪秀三, 竹山聖, 大崎純, 牧紀男, 柳沢究, 小見山陽介,大橋和貴, 大山亮, 山井駿, 林浩平
bottom of page