​ESSAY

 

記憶を呼び覚ます空間井関武彦 

A space of awakening

 地球上に住むあらゆる生命体はその環境を理解し、適応する能力を備えている世界中で猛威を奮う新種のウイルスさえも周囲の環境に応じて寄生する対象を見つけその細胞内に住みつく…続きを読む 
 
建設業の歴史と巣|古阪秀三
The History of the Construction Industry and Nest
 今回のtraverse21のキーワードは“巣”。建設業の世界で“巣”といえば、伝統的に維持されてきた元請・下請関係、しかもそれが専属的に繰り返されてきた関係が頭に浮かぶ。その歴史を…続きを読む 

 

ヒューマン・ウェブの未来:

COVID-19とステイ・ホーム|布野修司

The Future of Human Web: COVID-19 & Stay Home 
 <巣>といえば、鳥・獣・虫の棲家である。一般に…続きを読む 
 
壁について|竹山聖
On Walls

 思考は単純を好むけれども、身体は迂遠な回路を好む。では建築はどうだろう。思考の運動としては、たぶん、単純な方がいいだろう。つまりは抽象的なモデルに向かう。しかし身体の運動を…続きを読む 

住宅再建と復興事業
-東日本大震災の生活復興感-牧紀男
Housing Reconstruction and Reconstruction Projects-The Great East Japan Earthquake's Perception of Life-
 阪神・淡路大震災の復興では、黒字地区・灰色地区・…続きを読む
 
 
住経験論ノート(3)-異文化の住経験に触れること:デルフト工科大学における試行|柳沢究
Study on Dwelling Experience 3:Cross-Cultural Exchange of Dwelling Experiences, a Trial at TU Delft
 2020年3月、オランダのデルフト工科大学で住経験…続きを読む
 
 
micro architecture |小見山陽介

 「君は、自分の建物の重量を知っているかい?」これは、英国のハイテック建築家ノーマン・フォスターが、後に彼の代表作となるセインズベリー視覚芸術センターの現場を訪れた際に、同行したリ…続きを読む 

 

オオニワシドリのあずまやに見る「仮面」性|石井 一貴

 
 ニワシドリの雄は求愛行動として装飾的な巣をつくることで有名な鳥である。ニワシドリの巣には、あずまや無しタイプ…続きを読む 

 

リアルとバーチャルを繋ぐ「MASK」

菱田吾朗

 
 新型コロナウイルスの流行によって、オンラインでのコミュニケーションは急速に普及し日常化した。今やビデオコミュ…続きを読む 

 

4年弱の備忘録岩見歩昂

 
 2020年6月四回生前期設計課題-スタジオ課題-が終了し、設計をtraverseに掲載していただけることになった。と、同時にtraverseの学生エッセイ寄稿の話を知った。学部生でもエッセイ…続きを読む 

 

モノの風景を読む|北垣直輝

 

 2020年8月末現在、新型コロナウイルスはまだ世間に猛威を奮っている。日本での感染者数の総数は6万人に上り、死者数は1000人を超えたと報道されている。街に出てみても、その影…続きを読む

 
『traverse 新建築学研究』は京都大学建築系教室が編集・発行している機関誌です。17年度より紙媒体での出版を止め、web上で記事を発信していく事となりました。
BACK NUMBER
2018.10 | 112p
19
インタビュー:米沢隆
workshop:
discussion:
project:
 
 
 
essay:
池田剛介, 大庭哲治, 椿昇, 富家大器, 藤井聡,藤本英子
倉方俊輔,高須賀大索,西澤徹夫
竹山研究室「驚きと喜びの場の構想」
平田研究室「建築が顔でみちるとき」
布野修司,竹山聖, 金多隆, 牧紀男, 柳沢究,小見山陽介
18
2017.10 | 112p
インタビュー:五十嵐淳
interview:
project:
essay:
三谷純,奥田信雄,魚谷繁礼,
五十嵐淳
竹山研究室「脱色する空間」
竹山聖,​大崎純, 小椋大輔, 布野修司,古阪秀三, 牧紀男, 
Galyna SHEVTSOVA
17
インタビュー:野又穫
2016.10 | 128p
interview:
project:
essay:
野又穫,松井るみ,石澤宰,柏木由人
​竹山研究室「無何有の郷」
​竹山聖,山岸常人,布野修司,三浦研,牧紀男,古阪秀三,川上聡
16
2015.10 | 96p
インタビュー:石山友美
interview:
project:
essay:
中野達男,石山友美,TERRAIN architects
竹山研究室「コーラス」
​竹山聖,布野修司,大崎純,古阪秀三,牧紀男
特集:アートと空間
2013.10 | 112p
14
interview:
project:
essay:
松井冬子,井村優三,豊田郁美,アタカケンタロウ
竹山研究室「個人美術館の構想」
竹山聖,布野修司,小室舞,中井茂樹
特集:建築を生成するイメージ
2014.10 | 112p
15
ホンマタカシ,八島正年+八島夕子,高橋和志,島越けい子
ダイアグラムによる建築の構想
​竹山聖,布野修司,大崎純,
古阪秀三,平野利樹
interview:
project:
essay:
20
2020.01 | 112p
インタビュー:
   木村吉成&松本尚子
discussion:
 
project:
 
 
 
essay:
​木村吉成&松本尚子, 宮本佳明,伊藤東凌,井上章一
竹山研究室「オブジェ・アイコン・モニュメント」
神吉研究室「Projects of Kanki lab.」
​金多研究室「自分の仕事を好きにならな」
布野修司,竹山聖, 大崎純, 牧紀男, 柳沢究,清山陽平,成原隆訓,石井貴一

〒615-8540 京都市西京区京都大学桂 京都大学建築系教室

TEL:075-383-2908

MAIL:info@traverse-architecture.com

LINK
CONTENTS

©  2020 Traverse Editional Committee 

編集・発行 traverse 編集委員会

ISSN 2435-6891
kyoto university architectural journal