top of page
​ESSAY

 

棲み分けの多様な原理|布野修司
 

図①a.jpg

 

 
そもそも、建築すること、設計することは、空間を境界づけることである¹。建築の起源は、自然を人口環境化すること、雨風を防ぎ、寒暖を制御し、快適な居住空間を維持するために、自然との間に境界…続きを読む 

 

建設産業における「境界」

|古阪秀三

 

図1 建設投資内訳 ハンドブック2021トリミング済み.jpg

 

建設生産システムには建築の世界と土木の世界がある。具体的に分ければ建築生産システムと土木生産システムといえるが、建築の世界では、広義(土木+建築)を建設生産システム、狭義(建築)を建築生...続きを読む 

 

境界をつくることによって開かれる

世界|竹山聖

 
旧約聖書の冒頭におかれた創世記。そこでは、神は6日間で世界をつくり、7日目に休息をとったことになっている。まず1日目に光あれ、と命じて闇から光を分けた。つまり夜と昼を創ったのだ。その境…続きを読む
 
2_M_思考の風景.jpg

 

ひとらしさを創造する周縁制御の原理

|伊勢史郎

 
京都大学工学部建築学科・建築学専攻に就任した1998年からの15年間はとても刺激的で充実した教員生活を送ったが、特にこのトラバースに関わることより与えられたものは大きい。建築学という理系の…続きを読む 
02_M_帰宅困難区域.jpg

 

境界を引くー立ち入り禁止・建設禁止ー

|牧紀男

 

市街化区域と市街化調整区域の境界のように地図に引かれた一本の線が、田園が広がる農村地域と、住宅が立ち並ぶ市街地の風景の境目となる・風景の違いをつくり出していることはよく知られ…続きを読む 
 

 

木の生存戦略から学ぶ建築構造形態創生|張景耀

 
外部環境の影響から遮断して、人々が自在に活動できるように(function・機能)、建築物の巨大化(form・形態)が進んできた。その原動力は、新構法および新素材(structure・構造)の開…続きを読む
01_S_【写真1】落葉広葉樹.png
students

 

A Note on Playing Form-Making Game

– かたち遊びについての覚え書き

|松原元実

 
​僕は建築の設計や制作をするときに、かたちを作ることの手がかりをいかにさぐり当てるのかが常に大きなテーマになっている。そんな中で、制作をすること、ことかたちを作ることを一種の…続きを読む 
unnamed.gif

線と境界|岩見歩昂

 

「街が立体交差している光景」が記憶にある人はいるだろうか。私が初めてその光景を発見した、もしくは気に留めたのは2018年秋-ちょうど大学二回生後期設計課題の敷地を自転車で探している時…続きを読む 

[写真1]ヴァシリー・カンディンスキー『小さな赤い夢』.png

 

建築に何が可能か、建築に何が不可能なのか、我々は常にその「境界」を探っている。その一部として、この文章を位置付けたい。我々の目指す方向は常に多様であり、「建築に何が可能か」という問…続きを読む 

03.jpg

 

「〈動き〉生命〈編み物〉脳〈知識〉」

保存と獲得

~〈編み物〉の かたち / 様相 から得られたこととは ~ 

|幸地良篤

 

 

中心について‐生物と建築|酒井良多

 
02_M_中銀立面図.png

「どれも素晴らしいけれど、コアシステムから脱却できている作品が一つもないのが残念だった。コアのない建築の可能性についても考えてほしかった。」研究室の前期設計スタジオ課題は、黒川紀章…続きを読む

 

 

建築物の生涯と記憶|上田康平

 

 

人の雑踏を待ち侘び、佇む構造体が死を告げられるのはいつのことだろうか。失われた喧騒を、日常を取り戻す日は恐らく訪れないであろう建築物、つまり廃墟と言い得るものは日本だけでもご…続きを読む

 
『traverse 新建築学研究』は京都大学建築系教室が編集・発行している機関誌です。17年度より紙媒体での出版を止め、web上で記事を発信していく事となりました。
BACK NUMBER
18
2017.10 
インタビュー:五十嵐淳
interview:
project:
essay:
三谷純,奥田信雄,魚谷繁礼,
五十嵐淳
竹山研究室「脱色する空間」
竹山聖,​大崎純, 小椋大輔, 布野修司,古阪秀三, 牧紀男, 
Galyna SHEVTSOVA
17
インタビュー:野又穫
2016.10 
interview:
project:
essay:
野又穫,松井るみ,石澤宰,柏木由人
​竹山研究室「無何有の郷」
​竹山聖,山岸常人,布野修司,三浦研,牧紀男,古阪秀三,川上聡
16
2016.1
interview:
project:
essay:
中野達男,石山友美,TERRAIN architects
竹山研究室「コーラス」
​竹山聖,布野修司,大崎純,古阪秀三,牧紀男
特集:アートと空間
2014.1
14
interview:
project:
essay:
松井冬子,井村優三,豊田郁美,アタカケンタロウ
竹山研究室「個人美術館の構想」
竹山聖,布野修司,小室舞,中井茂樹
特集:建築を生成するイメージ
2015.1
15
ホンマタカシ,八島正年+八島夕子,高橋和志,島越けい子
ダイアグラムによる建築の構想
​竹山聖,布野修司,大崎純,
古阪秀三,平野利樹
interview:
project:
essay:
20
2020.01 
takeyamalab.jpg
Traverse.jpg
​満田衛資, 蔭山陽太, 鈴木まもる×大崎純
学生座談会
小椋・伊庭研究室
小林・落合研究室
平田研究室
三浦研究室
​井関武彦, 布野修司, 竹山聖, 古阪秀三, 牧紀男, 柳沢究,  小見山陽介, 石井一貴, 菱田吾朗, 岩見歩昂, 北垣直輝
interview:
 
project:
 
 


 essay:
インタビュー:満田衛資
2020.11 | 
21
ABOUT
インタビュー:
   木村吉成&松本尚子
discussion:
 
project:
 
 
 
essay:
​木村吉成&松本尚子, 宮本佳明,伊藤東凌,井上章一
竹山研究室「オブジェ・アイコン・モニュメント」
神吉研究室「Projects of Kanki lab.」
​金多研究室「自分の仕事を好きにならな」
布野修司,竹山聖, 大崎純, 牧紀男, 柳沢究,清山陽平,成原隆訓,石井貴一
2018.10 
19
インタビュー:米沢隆
workshop:
discussion:
project:
 
 
 
essay:
池田剛介, 大庭哲治, 椿昇, 富家大器, 藤井聡,藤本英子
倉方俊輔,高須賀大索,西澤徹夫
竹山研究室「驚きと喜びの場の構想」
平田研究室「建築が顔でみちるとき」
布野修司,竹山聖, 金多隆, 牧紀男, 柳沢究,小見山陽介
22
2021.11 | 
インタビュー:藤江和子
interview:
 

project:
 
 

 essay:
山岸剛,後藤連平,
岸和郎×平田晃久,
竹山聖×小見山陽介
​平田研究室
ダニエル研究室
高野・大谷研究室
西山・谷研究室
布野修司, 古阪秀三, 竹山聖, 大崎純, 牧紀男, 柳沢究, 小見山陽介,大橋和貴, 大山亮, 山井駿, 林浩平
bottom of page