―かろんのうつろひ - 太秦の気配
修士課程2回生 成原隆訓

 

我が屋戸のいささ群竹ふく風の音の

かそけきこの夕へかも(家持)

 

竹垣の足元に今年も乾いた笹が茂る。盆になるとこれを刈る。私は今、築50年 ほどの木造二階建の離れに住んでいる。枯淡な民家で、土地柄付近での映画撮影をしばしば目にする。すぐ側を線路が通り、毎朝踏切の音とともに起床する。夜には電車の光が差し込み、漆喰の壁に木の影をつくる。春に見事な桜が咲く庭のある築60年の母屋には、大家のお母さんが住まれ、灯りが点くたび気配が感じられたが、昨冬に亡くなった。私たちを心配してくれ、料理の仕方も教わった。生活の知識を書き残すことなく人が世を去る所に居合わせ、日々失われる言葉を思い途方もない虚空を垣間見た。近頃は息子で建築家のEさんと手入れについて話す。

 ともに暮らすのは同期2人と四回生1人、そして私の4人だ。定員は3人なので、僕の部屋を間仕切ったのが最近の面白い変化である。仕切りはベニヤで、さながら寝殿造の室礼のように、存在は容易に感じ取られプライベートはあまりない。然し乍ら、これから先どこに住むにせよ、この細やかな緊張に身をおくことはないだろう。これも貴重な気配だ。僕の入居時の同居人は留学で退去し、一階に女の子が住んだ時期もある。集まって中二階で飲んでいると、帰宅した住人が加わり宴会になる。人が集い、離れて今日もかろんに気配が蓄積される。私は未だ立ち止まり、しばしその溜りを見つめることになりそうである。

『traverse 新建築学研究』は京都大学建築系教室が編集・発行している機関誌です。17年度より紙媒体での出版を止め、web上で記事を発信していく事となりました。
ABOUT
BACK NUMBER
2018.10 | 112p
19
インタビュー:米沢隆
workshop:
discussion:
project:
 
 
 
essay:
池田剛介, 大庭哲治, 椿昇, 富家大器, 藤井聡,藤本英子
倉方俊輔,高須賀大索,西澤徹夫
竹山研究室「驚きと喜びの場の構想」
平田研究室「建築が顔でみちるとき」
布野修司,竹山聖, 金多隆, 牧紀男, 柳沢究,小見山陽介
18
2017.10 | 112p
インタビュー:五十嵐淳
interview:
project:
essay:
三谷純,奥田信雄,魚谷繁礼,
五十嵐淳
竹山研究室「脱色する空間」
竹山聖,​大崎純, 小椋大輔, 布野修司,古阪秀三, 牧紀男, 
Galyna SHEVTSOVA
17
インタビュー:野又穫
2016.10 | 128p
野又穫,松井るみ,石澤宰,柏木由人
​竹山研究室「無何有の郷」
​竹山聖,山岸常人,布野修司,三浦研,牧紀男,古阪秀三,川上聡
interview:
project:
essay:
16
2015.10 | 96p
インタビュー:石山友美
interview:
project:
essay:
中野達男,石山友美,TERRAIN architects
竹山研究室「コーラス」
​竹山聖,布野修司,大崎純,古阪秀三,牧紀男
特集:建築を生成するイメージ
2013.10 | 112p
14
interview:
project:
essay:
松井冬子,井村優三,豊田郁美,アタカケンタロウ
竹山研究室「個人美術館の構想」
竹山聖,布野修司,小室舞,中井茂樹
特集:建築を生成するイメージ
2014.10 | 112p
15
ホンマタカシ,八島正年+八島夕子,高橋和志,島越けい子
ダイアグラムによる建築の構想
​竹山聖,布野修司,大崎純,
古阪秀三,平野利樹
interview:
project:
essay:

〒615-8540 京都市西京区京都大学桂 京都大学建築系教室

TEL:075-383-2908

info@traverse-architecture.com

LINK
CONTENTS
  • Twitter Clean

©  2017 Traverse Editional Committee 編集・発行 traverse 編集委員会