違法開発地における祝祭の場づくり

博士後期課程3回生 清山陽平
 

写真1)大岩の風景。写っているエリア(風致地区)では以前までの事業所群は撤去され 資材置き場となっている。 写真左奥の約40mにも及ぶ産業廃棄物の山 (通称:『岡田山』)は、地元事業者によって 20年かけて撤去される。

・大岩についての概要

 大岩街道周辺地域(以下、大岩)は京都市伏見区にある「違法開発集積地域」である。 違法開発といっても、違法であることをよく知らぬままに土地を購入し生活する人も多い。また市内の産廃処理を支える静脈産業等の事業者には余所に移ってまで事業を継続することが困難なものも少なくなく、結果的に他での同様の違法開発を招きかねない危惧からも、強制撤去は現実的ではない。公金投入も難しい中、住民や事業者が主体となった環境改善を含めたまちづくりによる是正が進められている。

 神吉研究室ではこれまで、2名の学生が大岩を対象に修士研究に取り組んだ1)2)。 今年度は筆者を含む院生数名が一部エリアにおける整備計画の立案に向けた住民ヒアリングや、試提案の作成を行うことになっている。


・大岩でのここ数年の動き

 大岩には数年前から龍谷大学の学生が入り、コミュニティ活性化に向けた活動を継続的に行っている。最近では国外の大学の訪問やWS開催も多い。また京都市深草支所職員は、鎮守池周辺(市所有地)の整備等を地元事業者の協力を得ながら進め、環境改善を率先している。これらの活動もあり、数年前と比べても市職員や外国人、学生を含む外の人が歩いていても、特段珍しくない雰囲気になってきている。
 

・大岩のこれからに向けて

 2019年11月30日(土)には整備された鎮守池周辺にて深草支所や龍谷大学、住民らの協力による、地元野菜を用いた収穫+食事祭が開催される。昨年までは地元向けの小規模なものであったが、今年は同日に行われる大岩山の一斉清掃の打上げも兼ね、一般参加者も含め百人規模となる見込みである(「大岩がきれいになる日(仮)」)。これに合わせ神吉研究室では、以前和知駅前で行った布屋根による休憩空間3)をより拡張し制作する予定である。参加者の労をねぎらいながら、大岩全体にとっても祝祭性を感じられる場づくりができればと思う。また建築物でも工作物でもない布屋根は、調整区域内でも常設できる可能性がある。夏の酷暑には日陰が恋しくなる大岩における、住民や来街者の合法的な居場所づくりのトライアルともしたい。

 美観とは言い難いかもしれないが、高さ数十mにも及ぶゴミ山や事業所、住宅群、稲荷山裾の地形やきれいな湧水、竹等の植生やこまごまとした畑の中を、大型トラックと自家用車が往来する大岩の風景は独特である。一筋縄ではいかない合法化への道のりを、いろいろな人に今よりもいくらか愛される風景、地域づくりの過程として、それ自体を楽しみながら進んでいければ素晴らしいと思う。「大岩がきれいになる日」は単発的なイベントだが、これから続く大岩のそう悪くない将来を、みん なが薄布に透かし見るような一日としたい。
 

写真2)トラックの往来で凹んだ路面は雨天時には川のようになってしまう
 

写真3)畑や事業所群越しにに稲荷山を望む

写真4)数年前まで竹藪だった鎮守池

    周辺は整備され、広大なオープンスペースに
 

1)中原裕亮「市街化調整区域の違法開発集積地域における土地利用設計に関する研究―京都市「大岩街道周辺地域」を事例としてー」 京都大学修士論文 2016

2)吹抜祥平「違法開発集積地域における改善事業可能性から見た主体設計に関する研究―京都市「大岩街道周辺地域」を事例としてー」京都大学修士論文 2018

3)参考:traverse17

『traverse 新建築学研究』は京都大学建築系教室が編集・発行している機関誌です。17年度より紙媒体での出版を止め、web上で記事を発信していく事となりました。
ABOUT
BACK NUMBER
2018.10 | 112p
19
インタビュー:米沢隆
workshop:
discussion:
project:
 
 
 
essay:
池田剛介, 大庭哲治, 椿昇, 富家大器, 藤井聡,藤本英子
倉方俊輔,高須賀大索,西澤徹夫
竹山研究室「驚きと喜びの場の構想」
平田研究室「建築が顔でみちるとき」
布野修司,竹山聖, 金多隆, 牧紀男, 柳沢究,小見山陽介
18
2017.10 | 112p
インタビュー:五十嵐淳
interview:
project:
essay:
三谷純,奥田信雄,魚谷繁礼,
五十嵐淳
竹山研究室「脱色する空間」
竹山聖,​大崎純, 小椋大輔, 布野修司,古阪秀三, 牧紀男, 
Galyna SHEVTSOVA
17
インタビュー:野又穫
2016.10 | 128p
野又穫,松井るみ,石澤宰,柏木由人
​竹山研究室「無何有の郷」
​竹山聖,山岸常人,布野修司,三浦研,牧紀男,古阪秀三,川上聡
interview:
project:
essay:
16
2015.10 | 96p
インタビュー:石山友美
interview:
project:
essay:
中野達男,石山友美,TERRAIN architects
竹山研究室「コーラス」
​竹山聖,布野修司,大崎純,古阪秀三,牧紀男
特集:建築を生成するイメージ
2013.10 | 112p
14
interview:
project:
essay:
松井冬子,井村優三,豊田郁美,アタカケンタロウ
竹山研究室「個人美術館の構想」
竹山聖,布野修司,小室舞,中井茂樹
特集:建築を生成するイメージ
2014.10 | 112p
15
ホンマタカシ,八島正年+八島夕子,高橋和志,島越けい子
ダイアグラムによる建築の構想
​竹山聖,布野修司,大崎純,
古阪秀三,平野利樹
interview:
project:
essay:

〒615-8540 京都市西京区京都大学桂 京都大学建築系教室

TEL:075-383-2908

info@traverse-architecture.com

LINK
CONTENTS
  • Twitter Clean

©  2017 Traverse Editional Committee 編集・発行 traverse 編集委員会