【プロジェクト】 平田研究室

「包むもの/取り巻くもの」を全て生かして

 

平田研究室修士二年生 山口航平

従来、建築家は空間を取り巻く環境やアクティビティをあたまの中で想像しつつ建築や都市を形作ってきた。ところが昨今はCFD解析に代表されるような環境解析技術や3Dスキャンなどのセンシング技術の進展によって設計手法が拡張し、さらに一般社会ではデジタルテクノロジーの浸透によって人々の活動までもがビッグデータとして収集・運用がなされており人々のふるまいをもデータとして分析できる時代に突入した。これまで設計者が把握・処理できていた領域をコンピューターの演算能力によって押し広げて、建築の周りを取り巻いている環境や人々の想いを全て内包しながら建築を思考することが可能になれば、そうして出来た建築は多様化したこの時代における一つの理想形になりうるのではないだろうか。
 以下では、平田研究室が現在取り組んでいる図書館複合施設の設計プロジェクトを紹介し、そこで行われた〈機械的なデータ分析〉と〈ワークショップ〉を横断する設計プロセスを概観したいと思う。

旧小千谷市総合病院跡地整備業務

この夏、平田晃久建築設計事務所、IDEC、Arupがコンペで獲得した新潟県の旧小千谷市総合病院跡地整備業務に京都大学平田研究室の学生有志メンバーも加わった。新潟県小千谷市の眺望豊かな段丘上の敷地に、市民活動の中心であり街のハブとなるような図書館を新たに設計するプロジェクトである。採択されたプロポ―ザル案では、可動式本棚による情報空間と連携した空間〈フロート〉と市民の文化活動・交流を展開する様々な性能・プロポーションをもったハコ〈アンカー〉と新潟の豪雪にも耐えうる大きな屋根〈ルーフ〉という3つの構成が示されており、これから市民ワークショップを経て実施設計へと移行するタイミングだった。この公共建築は建設されることが約束され、市民とのワークショップも開催されるがまだ設計検討の余地が大きく残っているという稀なケースである。そこで我々平田研究室は実務的な設計フローと並行した別の視点で「ワークショップで発露した市民の想いから純粋に設計案を浮かび上がらせることはできないだろうか」という思考のもと、設計スタディを進めることができた。そのために開発した新たな設計ツールや出来上がった設計案は、単なる代案や補助的なものでは決してなく、それ自体が設計の思考を拡張するような役割を事務所と研究室との協働のなかで担っていた。

unnamed (9).png

fig.01:プロポーザル案の全体鳥瞰図

STUDY01 アンカー析出 ー人のふるまいをデータとして扱うー

unnamed (8).png

fig.02:この施設で起こりうる活動のサンプル

平田研究室でははじめに、市民が集まって地域交流・文化活動を行えるような設備を備えたハコ〈アンカー〉の設計を進めることにした。旧病院で行われていた課外活動や、この地域で起こっていた市民活動の記録、WS1で市民に尋ねた「この施設でやりたいこと」への回答をもとに、新たにこの施設で起こりうる100個の活動サンプルを抽出した(fig.02)。建築面積のうちアンカーに割かれる面積はおおよそ1200㎡であったことから、これらすべての活動に対して逐一スペースを設けることはせず、複数の機能・活動を共存(または時間的にすみ分けた)させた12個のアンカーを計画することにした。

『traverse 新建築学研究』は京都大学建築系教室が編集・発行している機関誌です。17年度より紙媒体での出版を止め、web上で記事を発信していく事となりました。
BACK NUMBER
2018.10 
19
インタビュー:米沢隆
workshop:
discussion:
project:
 
 
 
essay:
池田剛介, 大庭哲治, 椿昇, 富家大器, 藤井聡,藤本英子
倉方俊輔,高須賀大索,西澤徹夫
竹山研究室「驚きと喜びの場の構想」
平田研究室「建築が顔でみちるとき」
布野修司,竹山聖, 金多隆, 牧紀男, 柳沢究,小見山陽介
18
2017.10 
インタビュー:五十嵐淳
interview:
project:
essay:
三谷純,奥田信雄,魚谷繁礼,
五十嵐淳
竹山研究室「脱色する空間」
竹山聖,​大崎純, 小椋大輔, 布野修司,古阪秀三, 牧紀男, 
Galyna SHEVTSOVA
17
インタビュー:野又穫
2016.10 
interview:
project:
essay:
野又穫,松井るみ,石澤宰,柏木由人
​竹山研究室「無何有の郷」
​竹山聖,山岸常人,布野修司,三浦研,牧紀男,古阪秀三,川上聡
16
2016.1
interview:
project:
essay:
中野達男,石山友美,TERRAIN architects
竹山研究室「コーラス」
​竹山聖,布野修司,大崎純,古阪秀三,牧紀男
特集:アートと空間
2014.1
14
interview:
project:
essay:
松井冬子,井村優三,豊田郁美,アタカケンタロウ
竹山研究室「個人美術館の構想」
竹山聖,布野修司,小室舞,中井茂樹
特集:建築を生成するイメージ
2015.1
15
ホンマタカシ,八島正年+八島夕子,高橋和志,島越けい子
ダイアグラムによる建築の構想
​竹山聖,布野修司,大崎純,
古阪秀三,平野利樹
interview:
project:
essay:
20
2020.01 
インタビュー:
   木村吉成&松本尚子
discussion:
 
project:
 
 
 
essay:
​木村吉成&松本尚子, 宮本佳明,伊藤東凌,井上章一
竹山研究室「オブジェ・アイコン・モニュメント」
神吉研究室「Projects of Kanki lab.」
​金多研究室「自分の仕事を好きにならな」
布野修司,竹山聖, 大崎純, 牧紀男, 柳沢究,清山陽平,成原隆訓,石井貴一
takeyamalab.jpg
traverse21.jpg
​満田衛資, 蔭山陽太, 鈴木まもる×大崎純
学生座談会
小椋・伊庭研究室
小林・落合研究室
平田研究室
三浦研究室
​井関武彦, 布野修司, 竹山聖, 古阪秀三, 牧紀男, 柳沢究,  小見山陽介, 石井一貴, 菱田吾朗, 岩見歩昂, 北垣直輝
interview:
 
project:
 
 


 essay:
インタビュー:満田衛資
2020.11 | 
21
ABOUT